猫が大好きな「いなば」のキャットフード

猫の飼い主さん達の間で、密かに大ブームになっている「いなば」の「CIOAちゅ~る」!
猫飼いさんなら一度は耳にしたことがあるかもしれません。とにかく猫の食いつきがいいのが特徴ですが気になる成分はどうなっているのでしょう。「ちゅ~る」は成分の90%ほどが水分で、9%がタンパク質、残りは脂質・ビタミン・ミネラルとなっており、食塩や防腐剤も入っていません。シンプルな原材料で、香りも良く、嗜好性の高いキャットフードですが、1日4本与えてくださいという指示通りに上げると肥満になる恐れがあります。水分が不足しがちな冬のおやつや、水を余り飲まない猫の水分補給の一環として利用するのがおすすめです。とにかく食いつきがいいので、飲ませにくい薬をまぜたり、ドライフードにトッピングするのも賢い利用法と言えるでしょう。
キャットフードおすすめの「いなば」のキャットフードというと「金のだし」も有名ですが、いなば製品の特長はトウモロコシや小麦などの穀類の配分量が多めだという点です。危険な添加物や粗悪な肉は使われていませんので、その点は安心ですが、猫は肉食動物ですから穀類の消化吸収が苦手で、メインのフードとするには栄養が不足するかもしれません。猫が食べたがるのであれば
総合栄養食のドライタイプのキャットフードをメインにしながら、おやつとして適量あげるなどの方法をとりましょう。猫のフードをきちんと選ぶのは飼い主さんの大事なお仕事です。愛猫の体調や嗜好に合わせて、賢くフードを選んであげたいものですね。

育毛剤の成分でアルコールはなぜ配合されている?

市販されている育毛剤の中には、ほとんどの製品にエタノールと呼ばれるアルコール成分が含まれています。エタノール自体には育毛の効果はありませんが、どうして育毛剤に含まれているのでしょうか。

アルコールを育毛剤に配合している理由にはいくつかのメリットがありますが、その大きな理由としてはアルコールに強い殺菌作用があるためと考えられます。育毛剤を含め、多くの化粧品等は開封した時点から劣化がはじまってしまいます。アルコールは開封後の製品に入りこんでしまった菌を殺菌し、防腐剤としての効果を期待することができます。また育毛効果を高めるいくつかの成分同士が、きちんと溶け合って混ざり合うのを手助けするために配合されています。

頭皮に対してのアルコールの効果としては、頭皮に付着している皮脂汚れを取り除いたり殺菌をすることが挙げられます。育毛剤が頭皮に浸透するためには、頭皮部分がきれいであるほうが望ましいです。そのため、アルコールを含めることで頭皮に繁殖した菌の殺菌と皮脂を溶かすことで、育毛剤の効果を高めていると言えます。

ただアルコール成分が配合されていることで、注意したほうが良い点もあります。敏感肌の人にはアルコール成分の刺激が強い場合があるためひりひりとした感覚になったり、アレルギーがある場合はかぶれる可能性もあります。重大な副作用の可能性は低いとされていますが、肌に合わないと感じた場合は成分の有無を確認してみると良いかもしれません。
育毛剤徹底比較ガイド|おすすめ人気ランキング【育毛剤2323】はこちら

女性も安心して飲める筋肉サプリについて

筋肉サプリはタンパク質がメインの成分なので、男性でも女性でもどれを飲んでも問題ないです。ダイエット用の筋肉サプリというのもありますが、それはタンパク質の含有量を抑えてあるという場合が多いです。筋肥大用の筋肉サプリはタンパク質の含有量が多いので、太る可能性もありますが、少量にすれば問題ないです。女性でもダイエット用の筋肉サプリよりも普通に筋肥大用のものを量を抑えるというような工夫をすれば良いでしょう。
女性でも最近は筋トレをするというのがはやってきています。少し前には有酸素運動がはやっていましたが、最近は徐々に筋トレの重要性が認識され始めています。筋トレは全身の代謝や血流を高める効果があり、成長ホルモンの分泌も増やします。もちろん有酸素運動にそのような効果がないというわけではありませんが、筋トレの方がこの効果は大きいです。また筋トレによって内臓や肌の機能も高まるので、女性にはむしろ特に筋トレがおすすめということです。
ただ時間があれば、筋トレも有酸素運動もどちらも行った方が良いでしょう。筋トレによって成長ホルモンが分泌されていれば、そのときに有酸素運動を行うと脂肪がより燃焼します。有酸素運動のみを行うというのはどうしても効率が悪いのです。そして面倒なのでどちらか一方しかしたくないということであれば筋トレをおすすめします。短時間で終わりますし、有酸素運動よりも体の機能性を高めるのに効果を発揮します。

血管は年齢と共に硬くなるが、改善方法がある

「血管」は字の通り血液の管です。私たちの身体全体に、酸素や栄養分、水分など、生命維持のために必要なものを運んでくれています。成人一人の血管を一本につなげると、約10万キロメートルにもなると言われているほど、全体に張りめぐらされています。
循環器の要である心臓から送り出される側を動脈、全身をめぐって心臓に戻る側を静脈と言います。心臓は1分間に平均で約75回程度拍動しています。一日に換算すると10万回以上も伸縮と拡張を繰り返しているのです。生まれた時から青年期ぐらいまでは、柔らかく、しなやかな状態を保っていますが、年齢を重ねると共にしなやかさが失われ、脂肪分などのコレステロールが内壁に付着し、プラークとなって血液の通り道を狭めてしまうのです。この状態を狭窄と言い、治療を行わなければ、完全に詰まり梗塞を起こしてします。血液が届かなくなった器官は、細胞が壊死し麻痺などの障害を起こしてしまい、最悪の場合には死をもたらしてしまいます。
こうのような状態を予防するためには、やはり血管をしなやかに改善することが大切ですので、いくつかご紹介したいと思います。まずは適度な運動です。有酸素運動の代表であるウォーキングが良いでしょう。また、筋肉を柔らかくすることも大切ですので、普段伸ばしていないところをゆっくりと30秒程度時間を掛けながら伸ばしてあげることも大切です。喫煙や塩分、脂肪分の摂り過ぎは非常にダメージを与えますので、生活習慣を改善することが一番です。
血管年齢若返り対策ガイド|血管年齢を下げる方法とは?はこちら

脱毛サロンと医療脱毛は違うものなのか?

脱毛サロンとクリニックの医療脱毛はどちらもムダ毛を処理するという目的は同じですが、その方法について異なっています。
エステサロンの場合は光脱毛やフラッシュ脱毛などと呼ばれる方法を用いており、それに対してクリニックではレーザー脱毛と呼ばれる方法を用いています。
どちらも光を利用した脱毛方法という点でも同じであるために、知らない人からすると同じような施術を行っているように思われても仕方のない事ではあります。
それではこの二つの脱毛では何が違うのかというと、簡単に説明すればレーザー脱毛の方がより強力で高い効果が期待できます。
それはレーザー脱毛の方が出力が高いという事もあるのですが、用いている光の波長や指向性についても違いがあるためです。
いずれにしても施術を受ける際にはレーザー脱毛の方が効果が現れやすいという事を抑えておけば問題はないです。
それではレーザー脱毛を選んだ方が良いのかというと、それは人それぞれで一概には比べられないです。
例えば、クリニックの場合は健康保険が使えるのかというと美容目的である場合は保険対象外となるために全額自己負担となりますが、一回の施術での平均的な価格はエステサロンよりもクリニックの方が高い傾向があります。
その他にも出力が強力である分痛みが強く出やすいという事もあるので、痛いのが苦手であるという場合にはエステサロンの方が安心出来るかもしれないです。
お金に余裕があればクリニックならば麻酔を使うという手段もありますが、麻酔をする場合は別料金が発生します。

http://xn--vck1fsa1341djkwa.eek.jp/

アイフルのatm手数料について

消費者金融アイフルは定番のカードローンですが、申し込む前にどれぐらいのatmと提携しているのか、利用のしやすさもチェックしておくことをおすすめします。セブン銀行やイオン銀行、ローソンやイーネットなどが使えるので、ほぼ日常的に目にするようなコンビニのatmは気軽に借入や返済に使えると思っておいていいでしょう。

使う時に気にしておきたいのが、アイフルでのatm利用手数料です。取引金額が1万円以下の場合には、入出金ともに108円、1万円以上の場合には216円となっていますので、アイフルを利用する時には計画的に使いましょう。アイフルの店舗があってそこでのatmを利用するのであれば、無料で利用ができるのでいつでも気軽に入出金を行うことができます。

手数料についてはあまり意識していない方が多いのですが、これも積もり積もれば金利を支払うのと同じぐらい無駄なお金を払いながら借入を行うことになります。借入をするときはもちろんですが、返済をする時にも手数料がなるべくかからないように、まとめて借入などを行うように工夫してみましょう。返済に関しては遅れてしまうと元も子もありませんからこまめに返済をするのは良いことですが、借入に関しては必要な分をなるべく少ない回数で借りるようにしましょう。いろんなatmの場所や手数料を把握しておいて、その都度自分の利用しやすいように使えるようにしておくと、もっとアイフルを利用するのが便利になります。